BIOGRAPHY

1998

2002

2009

2010

​2013

MASAKI SHIOTA

 

1969年東京生まれ。 創形美術学校卒業。

1995年第6回グラフィックアート「ひとつぼ展」入選。

1996年からフリーのイラストレーターとして活動を開始。

以降、雑誌「Esquire」「Number」の他、  単行本「偶然の音楽」

「リヴァイアサン」(ともにポール・オースター著  新潮社刊)、

「サン・ジョバンニの道」(イタロ・カルヴィーノ著  朝日新聞社刊)、

「トッカータ光と影の物語」(林望著  文芸春秋刊)など媒体で

イラストレーション、装画を描く。

代表作はベストセラーとなり映画化もされた「白い犬とワルツを」

(テリー・ケイ著  新潮文庫刊)の装画。

2001年 初の絵本「パンになる夢」(越智典子著  パロル舎刊)を刊行。

2002年 NHK「みんなのうた」で「大きな古時計」(歌:平井堅)にて、

動画に初挑戦。

2003年 「老人と海」(ヘミングウェイ原作  新潮文庫刊)の装画。

DVD「キェシロフスキ・コレクション」付録小冊子装画。

2004年 スキマスイッチの1stアルバム 「夏雲ノイズ」2ndアルバム

「空創クリップ」3rdアルバム「夕風ブレンド」のジャケット画を手掛ける。

2008年「天の光はすべて星」(フレドリック・ブラウン著  ハヤカワ文庫刊)

の装画。

2012年 絵本「もんばんアリと、月」(さとみきくお作  長崎出版刊)を刊行。

2014年 朝日新聞社 新聞小説「口笛鳥」(道尾秀介作) 100話の挿絵を担当。

​現在、表現の可能性を広げるために、油絵の具で作品を制作中。

​塩田雅紀